気泡工法研究会

一般社団法人気泡工法研究会は、大学を中心にコンサルタント、建設業者、専門業者、材料メーカーなどの企業が協力して、気泡や高吸水性ポリマーを用いた地盤掘削工法(総称:AWARD工法)に係る基礎研究・応用研究・工法開発を推進し、工法の技術レベルの向上、技術の普及により社会貢献を果たすことを目的としております。

本研究会では大学と希望する複数の会員による共同研究が盛んにおこなわれており、それらの成果として、21件の特許を共同保有しており、さらに実用的な5件の施工法、•AWARD-Trend工法、⠂AWARD-Ccw工法、⠂AWARD-Hsm工法、⠂AWARD-Demi工法及び⦁AWARD-Sapli工法が実用に供されています。これらの工法はいづれも環境負荷低減、工費削減、施工の困難な地盤での施工等々において社会貢献をなしております。