気泡安定液,環境負荷の低減,排泥土量の削減,施工速度の向上,砂礫土での安定性の向上,容易な施工管理,

気泡工法

AWARD-Hsm

AWARD-Hsm工法 

 AWARD- Hsm工法(アワードエイチエスエム工法)は水平多軸回転カッターを使用し、気泡掘削により等厚式のソイルセメント地中連続壁を造成する工法です。

工法の特徴  

AWARD- Hsm工法は以下の特徴を有しています。

環境負荷が少ない

・排泥土量が少ない
気泡のベアリング効果により、気泡混合土の流動性が向上するため、掘削時の加水量を低減できます。また、気泡は造成時に消泡剤が添加された固化材スラリーを混合・撹拌することで消泡されます。これらにより、排泥土量を低減できます。

・排泥土の再利用が可能
気泡掘削時の排泥土は、膨潤作用のあるベントナイトのような細粒分を混入していないため、地山土の状態に復元しやすく、処理・再利用が可能です。

・CO2の排出量が低減
気泡工法は、排泥土量の低減による搬出車両台数の減少、固化材使用量の低減により、工事全体のCO2排出量を低減できます。

・地下水への汚染が小さい
気泡安定液は、地中への逸泥が少なく、また起泡剤は生分解性であるため、周辺地下水に大きな影響を与えません。

施工費が安価

・汚泥処理費が削減
排泥土量の低減により、汚泥処理費を低減できます。

・固化材費が削減
気泡添加により、少量の水で固化材の流動性を確保でき、注入する固化材スラリーの水固化材比(W/C)を低減できるため、単位セメント量を従来工法に対して概ね20~40%削減できます。

高品質なソイルセメント壁の造成が可能

 気泡添加により、掘削土の流動性を高めるとともに、気泡混合土と固化材スラリーを均質に混合・撹拌できるため、造成した改良体の品質のばらつきが少ない高品質なソイルセメント壁を構築できます。

大深度・大壁厚の施工が可能

 掘削能力が高く、コンパクトな水平多軸回転カッター掘削機を使用することで、大深度(H=65m)、大壁厚(t=1.2m)の施工、また、低空頭下、狭隘なヤードでの施工が可能です。

施工性および安全性が向上

・溝壁の安定
気泡添加により、砂礫層や被圧地下水層でも不透水層の形成が可能となり、安定性の高い溝壁をが得られます。

・施工効率の向上
気泡安定液はベントナイト液と比較すると粘性が低いため、カッタートルクが低下し機械負荷が軽減されるため、施工効率の向上が期待できます。

施工法の概要

 AWARD-Hsm工法は、カッター先端から掘削液(気泡+水)を吐出しながら掘削・撹拌を行い、掘削土を流動性の高い気泡混合土とした後、気泡混合土に固化液(消泡剤を添加した固化材スラリー)を注入し、気泡を消泡しながら混合撹拌を行い、ソイルセメント壁を造成します。

14

施工写真

HP水平多軸回転カッター掘削機HP掘削液(気泡+水)吐出状況HP掘削撹拌状況HP造成撹拌状況HPテーブルフロー測定状況HP壁面の状況

AWARD-Hsm工法実績

施主工事名工期掘削深さ(m)施工数量(m2)
開削トンネル土留め壁2013/11~2014/155.01,480


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional