気泡安定液,環境負荷の低減,排泥土量の削減,施工速度の向上,砂礫土での安定性の向上,容易な施工管理,

気泡工法

気泡工法とは

気泡工法

 気泡工法では安定液として気泡安定液を使用します。
気泡安定液は掘削時に微小な気泡と水を添加した混合体で、これを気泡安定液と称します。

気泡安定液が安定液としての機能を発揮するための掘削土、気泡と水の混合比率は
掘削土の物性値により異なります。これについては気泡安定液の原理を参照してください。

掘削土に気泡を添加すると

 掘削土に気泡を添加し、混合・混練した気泡混合土は以下の物性があることは良く知られており、気泡シールド工法や気泡混合盛土工法ではこれらの物性を利用した工法です。

  • 土の流動性が向上する
  • 単位体積重量が減少する
  • 混合土の透水性が減少する

 しかしながら、ソイルセメント地中連続壁等の施工においては溝壁の安定を考慮しなけらばなりませんが、掘削土と気泡を適切な割合で混合・混練した気泡安定液は上記の物性に加え、溝壁の保持特性に優れたものです。


溝壁の安定性について

 掘削工事においてベントナイト系安定液は粗い砂礫土層では逸泥量が増加しますが、気泡安定液は微小な気泡が砂礫土の間隙中に侵入し、土層と気泡が不飽和層を形成し、難透水層を形成します。

図の挿入


気泡工法と適用施工機

気泡安定液を使用できる施工機械は次のようになります。

  • 等厚式ソイルセメント地中連続壁施工機;TRD施工機
  • 柱列式ソイルセメント地中連続壁施工機;SMW施工機
  • 深層地盤改良機


適用構造物

  1. ソイルセメント地中連続壁
  2. 液状化防止用のソイルセメント地中連続壁
  3. プレキャスト版による地中連続壁
    • 地下道
    • プレキャスト式遊水地
  4. 深層地盤改良杭
  5. 大口径現場口杭
  6. コンクリート地中連続壁

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional