気泡安定液,環境負荷の低減,排泥土量の削減,施工速度の向上,砂礫土での安定性の向上,容易な施工管理,

気泡工法

気泡工法

気泡工法

 気泡工法では安定液として気泡安定液を使用します。
気泡安定液は掘削時に微小な気泡と水を添加した混合体で、これを気泡安定液と称します。

気泡安定液が安定液としての機能を発揮するための掘削土、気泡と水の混合比率は
掘削土の物性値により異なります。これについては気泡安定液の原理を参照してください。

掘削土に気泡を添加すると

 掘削土に気泡を添加すると

  • 土の流動性は向上する
  • 単位体積重量は減少する
  • 混合土の透水性は減少する

ことは、知られており、気泡シールド工法や気泡混合盛土工法ではこれらの事象を利用した工法です。気泡安定液もこの性質を利用しています。


溝壁の安定について

地下工事においては溝壁の安定を保つのは非常に重要なことです。安定液を使用する場合は泥水圧により溝壁の安定をとりますが、粗い砂礫土においても気泡安定液は泥水圧を加え易い傾向があります。

この理由は、微小な気泡が砂礫土中に貫入し、不飽和層を形成することにより難透水層ができるものと考えられます。


気泡掘削工法と適用施工機

気泡安定液を使用できる施工機械は次のようになります。

  • 等厚式ソイルセメント地中連続壁施工機;TRD施工機
  • 柱列式ソイルセメント地中連続壁施工機;SMW施工機

以下は実証実験中の施工機です。

  • 等厚式ソイルセメント地中連続壁施工機;HF施工機
  • 現場打杭施工機;アースドリル式施工機
  • 深層混合地盤改良機;
  • 土圧式推進機


**適用構造物 [#t14e7aa6]

  1. ソイルセメント地中連続壁
  2. プレキャスト版による地中連続壁
    • 地下道
    • プレキャスト式遊水地
  3. ソイルセメントによる遮水壁
  4. 大口径現場口杭
  5. 地盤改良杭
  6. コンクリート地中連続壁

ソイルセメントによる遮水壁

重金属などにより汚染された地盤を隔離するために、ソイルセメント連続壁による遮水が一般的です。
ソイルセメント中に気泡を閉じ込めたまま硬化させると、地震荷重に強い遮水壁が構築できます。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional